MENU

借金苦を乗り越えた経験についてお話します。

 

たくさんの借金苦ブログをみて最良の方法だと思う方法で解決することができました。

 

その経験をこのブログにまとめます。

 

 

学生から社会人になった時が借金の始まりでした。

 

学生時代にはかなり節約生活をしていたので、欲しいものを買うことができませんでした。その反動が社会人になって一気にやってきました。

 

借金苦

 

初任給で好きなものを買いまくりました。服やお菓子、そしてお酒。毎日のように遊びました。当然すぐにお金がなくなります。

 

「社会人になればお金はたくさんある!」と学生のころからずっと思っていたこともあって、来月の給料でなんとかなると思ってしまったんですね。

 

そこで借金をしてしまったわけです。もちろん、翌月の給料で借金を返済しましたが、同じペースで遊んでいるとすぐにお金が尽きてしまいました。

 

また、借金を一度したことで、自分の中のストッパーのようなものが外れた感覚があり、借金にたいしてほとんど罪悪感がなくなっていました。

 

そんな生活を繰り返し、2年間で200万円もの借金を作ってしまいました。

 

その時にちょっとヤバいかなと思って、遊ぶのを少し抑え、新たな借金をしないようにしました。でも元本が全く減っていかないわけです。

 

この時には本当にマズイ!と思いました。自分の給料だけでは借金の返済ができない状況になっているのにようやく気が付いたのです。

 

 

働いても借金の返済ですぐに給料がなくなっていきます。その上全く元本が減っていないという状況。

 

何のために働いているんだろうか。。。

 

そんな疑問がよぎります。

 

初めのうちはそれでも気力で頑張っていました。

 

でもあるとき、張っていた糸が切れてしまったのです。

 

社会人になっても節約生活を強いられる毎日。頑張っても変化のない現状。

 

こんな状況に嫌気がさしてしまいました。ふと考えると自殺のことを考えたり、家から一歩も外に出られなくなったり。

 

自分で自分をコントロールすることが難しくなっていました。

 

借金返済ブログ

 

そんな時、自分と同じような状況で頑張って返済している借金苦ブログに出会います。

 

自分と同じような人がいるんだ!ということで少し希望が見えた瞬間でした。

 

それ以降、いろんな人の借金苦ブログを読み漁りました。

 

そして自分にもできる方法で、一番よさそうな方法をみつけたのです。

 

それは法律の専門家に頼ること。

 

日本人は法律によって借金から守られていることを知りました。

 

誰しも失敗をして借金を返せなくなってしまう場合があります。その時に、救ってくれる法律があるんですね。

 

藁をもつかむ気持ちで、法律の専門家に相談をしました。

 

「もう悩まなくてもいいですよ。私たちが何とかします!」

 

法律

 

そういっていただいたときには、目頭が熱くなりました。

 

すぐに借金の取り立てを止めてもらいました。長らく借金に追われた生活をしていたので、心のそこからホッとしたのを鮮明に覚えています。

 

また、利子がかからないようにしてもらい、法律の力で借金も減らしてもらいました。

 

自分で借金の返済が可能なレベルまで減額してもらったので、残った借金はコツコツと返済して、完済できました。

 

借金完済

 

借金問題って手が回らない状況になってしまった場合、自分ではどうすることもできないですよね。

 

放っておくと悪化していく一方だし、精神的に追い込まれてしまいます。

 

だからすぐにでも法律の専門家に相談したほうがいいと思います。

 

とはいっても、法律の専門家にいきなり電話したりするのは少し勇気がいりますよね。

 

また、法律の専門家にも得意不得意があって借金問題に強い方に相談しないとうまく解決してもらえません。誰が借金問題に強いのか?など分からないですよね。

 

そういう場合にはこちらのサービスを利用してみるといいですよ。

 

このサービスは匿名で無料で利用できるのですが、「あなたの借金はどんな方法でどれだけ減額することができるのか」を教えてくれます。

 

また、あなたの状況にピッタリの専門家も教えてくれます。もしわからないことがあれば、気軽に聞けるようにしてくれています。

 

明るい未来を手に入れるために、今少しだけ勇気をもって利用してみてください。借金問題が解決することを祈っています。

 

⇒借金減額シミュレーションを利用してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金苦ブログ

 

父の経営する会社の倒産、そして自己破産。とても衝撃的な出来事でした。不況のあおりを受けて、会社の経営がうまくいっていないことは嫁いで家を出ているわたしにもなんとなく伝わっていました。

 

しかし倒産するほどに悪くなっているとは思わずに、父から話があると実家に呼ばれてその話をしたときには本当にびっくりしました。会社の土地はもちろん、車なども失いました。恥ずかしながら自分がいかに恵まれ、借金苦なく過ごしてきたことは当たり前のことではなかったのだな、と実感しました。

 

そこからの生活は大変でした。母はたくさん持っていた着物や指輪を売ったり、オークションに出したりして生活費を稼いだそうです。嫁いだわたしに迷惑をかけまい、と思っていたようです。借金が苦しかったことだろうと思います。

 

実家の土地は母の名義になっていたので失うことがなかったのでそれは本当に良かったと思っています。そして両親からのお願いで決して迷惑をかえることはしないので銀行の保証人になって欲しい、と言われました。もちろんわたしの主人にも家族なので相談しました。主人は自分が出て行くとわたしの両親も気を使うだろうから保証人になってあげて、と言われました。

 

そこから銀行の指定の日に完済までは印鑑を押しに足を運びました。父は社長仲間のつてで他の会社に入れてもうことができ、高齢にもかかわらずお給料をいただいてお仕事をすることができました。母もパートでのお給料を得て、借金の返済にあてていました。借金苦を乗り越える姿が鮮明に心に残っています。

 

借金苦

 

わたしと主人はそんな両親にお金をわたすのは気が引け、週末に実家を訪れて食事に連れて行ったり、旅行に連れて行ったり家族の時間を過ごすようにしました。また、車も失ってしまったので我が家の車のキーを渡し、空いていればいつでも乗ってね、と伝えました。

 

そして両親の努力の甲斐があって銀行への借金も2年で完済することができました。わたしは両親を本当に尊敬しました。会社の倒産に際しても、自分たちの資産を削りお給料を出して、従業員の方の次の就職先をしっかりあてがったことを従業員の方から聞いたのです。

 

倒産も借金苦も悲しい出来事ですが完済してすっきりした今は、父のまっすぐな生き方を知ることができて良かったと思いますし、家族で協力できて絆が深まったと思っています。

借金返済の苦労を知ったから

20代の前半に始めて借金をして増え続け、350万円を超える借金になってしまいました。完済するまで、辛い節約や夜のバイトで大変でした。利子だけを返していく生活の中で、救いになったのがローンの1本化です。ローンの1本化により、月々13万円支払っていたものが、月々6万5千円と半分の返済額になりました。

 

数社から借り入れしていて、すでに何件か借り入れを断られていたので、1本化も無理だと思いながらも、駄目もとで問い合わせてみました。審査まで1週間かかったので、やはり駄目だったかと諦めていたところに、審査が通ったとの電話が来ました。審査が通った電話が来た時、先が明るくなったように感じました。36歳の時、完済したのですが、借金の苦労を知っているだけにもう2度と借金をする事はないでしょう。

 

私の場合20代前半で作った借金なので、ちょうど頑張れる時期に返済ができましたが、この経験がなく、もし40代で借金をしていたら、返済はさらに辛い事になるでしょう。借金苦の経験があったからこそ、今は無駄遣いせずに生活しています。

 

借金苦

借金苦を解決するには計画性って本当に大切です

借金って恐ろしいなぁとつくづく感じたのは、大学生の頃です。中学、高校と勉強漬けだった私は、大学生になった途端に解放感に満ちあふれて遊びまくっていました。

 

当時、奨学金を申請していた上にアルバイトを週3回ほどやっていたので、「自分にはお金が十分にある」と自負していました。経験のある方なら分かると思いますが、美味しいご飯を食べ、旅行にいき、飲み歩いていたらあっという間にお金はなくなってしまいます。

 

しかし、その時の私は「たくさん稼いでいるので何とかなるだろう」と鷹をくくり、消費者金融に手を出してしまいました。借りるときって、なんと簡単にお金が手に入ってしまうのでしょう。

 

借金の苦労

 

給料が入ったら返そう、また今度返そう、と次々に借り入れをしていき、気づいたらあっという間に100万を越していました。卒業間際になって、就職後に奨学金の返済もしなければいけないことに気づき、愕然としました。現在は会社員として働いていますが、月々の生活費もままならないまま借金を返済する日々です。

 

なんとかなる、は絶対やめようと心に決めた出来事です。良い社会勉強になったと思います。

保証人になってしまったが為に借金苦を抱えることになりました

2年前に友人が消費者金融から借りたお金を同じ消費者金融で1つにまとめるとの事で連帯保証人をお願いされました。保証人の意味は判っていましたが友人に頼れる人がいないとの事で泣きつかれ渋々承諾しローンの連帯保証人になりました。

 

ここ2.3ヶ月は連絡を取り合っていなかったのですがローンは順調に支払っているみたいだったので保証人になっている事さえ忘れかけていました。ところが最近になって業者から支払いの催促の電話があり経緯を問うと借主と連絡が付かず行方不明との事でした。

 

慌てて本人に連絡を取るべくあらゆる手段を講じましたが手がかりさえもつかめませんでした。自宅も夜逃げ同然でいなくなったみたいでした。業者と話しましたが残金は130万円で連帯保証人である自分に請求するしかないとのことで当然と言えば当然の事でした。ここからが借金苦のはじまりでした。

 

到底心の中では納得出来ませんが保証人になっている以上は債務から逃れることは出来ず貯金を崩し一括で弁済するしかありませんでした。やはり友人とてお金の事は一線を置くべきだったと後悔しています。

 

借金苦ブログ

 

まだ借金の苦しみから開放されていないわけですが、頑張ってなんとかしていくしかないかなと思っています。

借金返済の一般的な話

現代社会では、銀行や信用金庫などの金融機関、消費者金融会社や信販会社などの貸金業者からお金を融資してもらえる仕組みが整っています。

 

カードローンやキャッシングは、個人向けの融資サービスの代表的なものであり、審査が通って限度額内であれば、いつでも融資を受けることが出来ます。

 

融資を受けた場合、期日までに返済を行っていくことが必要です。その為、融資を受ける前に、予め融資と返済のシミュレーションを行っておいて、無理無く、お金を返済が出来るように計画を立てていくことが大切になっていきます。

 

融資プランの選び方、融資をしてもらう金融機関や貸金業者の選び方は重要な要素であり、同じ額のお金を借りても返済時には返済額が大きく異なってくることが多々あります。

 

金利の低い金融機関や貸金業者でお金を借りることで、返済総額を抑えることが可能です。また、貸金業者の中には、初回利用などの条件で一定期間金利をゼロにしている所もありますので、このようなサービスを活用していくことで返済総額を下げることが出来ます。

 

複数の業者から融資を受けている場合には、おまとめローンを利用することで返済窓口の一本化を図ることが可能です。